2007年06月02日

民話「でえたらぼうの股ずれ峠」の背景を訪ねて

民話「でえたらぼうの股ずれ峠」に登場する大男「ダイダラボッチ」。

民話の中にも、でえだらぼう、だいだらぼう、だいだらぼっちなどと呼ばれる巨人伝説は日本全国あちこちにあるが、ここ豊橋にもたくさんの「だいだらぼっち伝説」が語りつがれ残されている。

とありました。

その1つと思われる、豊橋市の北部、愛知県と静岡県の県境に連なる弓張山地にある石巻山の「ダイダラボッチの足跡(あしあと)」を見てきました!
ダイダラボッチの足跡

ダイダラボッチの足跡

石巻山の標高は358m。

山の中腹にある駐車場に車を止めて登ると、山頂までは徒歩で約20分と手軽に登れます。

石巻山には、昔、神の使いの大蛇だ住んでいたとされる「石巻の蛇穴(じゃあな)」などもありました。
石巻の蛇穴

石巻の蛇穴

posted by ハマちゃん at 00:45| Comment(37) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

民話「二ノ午大祭の絵馬」の背景を訪ねて−その2

二ノ午大祭1

民話「二ノ午大祭の絵馬」の背景として登場する、豊橋市小松原町にある古刹、東観音寺(とうかんのんじ)を、訪ねました。

東観音寺では、民話に出てくるように、毎年旧暦の2月の「二の午」の日に、「二の午大祭」が開催されます。
今年(2007年)は、4月6日の金曜日でした。

二ノ午大祭2

この日、開運馬頭観音をお参りに訪れた人たちは、絵馬札を守護救済のお守りとして持ち帰るそうです。

馬頭観音は、畜生道に落ちた人の苦しみを救うための姿を現わした観音さまだとされ、今日では、交通安全の守護仏として、厚く信仰されています。

近年は、馬を飼われている方が少ないようなので、植木市のほうがメインになっているようです(^^)

植木市でにぎわう二ノ午大祭

【小松原山 東観音寺】
所在地 豊橋市小松原町字坪尻14
posted by ハマちゃん at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

民話「海に消えた皇子」の背景を訪ねて−その1

民話「海に消えた皇子」の背景として登場する、豊橋市牟呂町内で縁のありそうな場所を訪ねました。

民話にあった、こちらの記述。

御殿の裏に観音さまを祀り、深く信仰された。
この観音さまは、御殿の真後ろにあるということで、真裏口(ませぐち)の観音と呼ばれ、多くの人の信仰を集めた。
そこは村人ばかりか、遠くから大勢の人が訪れ、市(イチ)が立つほどとなり、そこを市道と呼ぶようになった。



ということで、まずは「真裏口(ませぐち)」の名の残るところを訪ねました。
(住所でもありますが・・・)

牟呂用水の上にかかる「真裏口(ませぐち)橋」

牟呂用水の真裏口(ませぐち)橋の上から

真裏口(ませぐち)橋


「真裏口(ませぐち)公園」です。

真裏口(ませぐち)公園

また、「市道のバス停」から、外神(とがみ)を眺めてみました。

市道のバス停から

この民話「海に消えた皇子」は、豊橋百科事典で「牟呂村の由来(民話)」という項目に載っています。

次回は、その記述にまつわるところを訪ねてみたいと思っています(^^)
タグ:民話 豊橋 牟呂
posted by ハマちゃん at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

民話「大根流し」の背景を訪ねて

大根流し

12月10日、豊橋市杉山町の真田神社で、「大根流し」があると聞き、行ってきました。


この「大根流し」は、民話「大根流し」にもあるように、江戸時代末期に吉田(現在の豊橋市)在住の幸助という男の夢の中で真田幸村公が現れ、そのお告げの通り、真田幸村公宛に川に大根を流すとゼンソクが全治したという伝説が始まり。


かつては、伝説のとおり神社近くの川にホンモノの大根を流していたが、いまでは、河川環境に配慮して、杉板に大根の絵を印刷した「お札」を浮かべるように変わり、また、開催日も従来は12日だったが、第2日曜日に変更したそうです。

真田神社ののぼり

この日、神社の付近では、案内ののぼりが立っていました。


午後2時すぎ、この「大根流し」にはじめて行ってみると、
神社の入り口で、大根の絵を印刷した「お札」を1枚200円でわけていただき、名前と生年月日を書き入れ、まずはお参り。

お参りの後、竹で堰きとめられた、水路にお札を浮かべました。

大根の絵を印刷した「お札」

はじめて、参拝しましたが・・・
時代とともに、おまつりのスタイルは変わるのだろうけれど、水路に浮かべる大根の絵の「お札」には、ちょっと違和感を覚えました。


“豊橋のことなら、この1冊で!”という『豊橋百科事典』によると、
幸助が見つけたのは、新平川(しんぺいがわ)という川だったと載っていました!


【真田神社の大根流し】
日時:毎年第2日曜 7:00〜16:30
開催場所:真田神社
交通:豊橋鉄道渥美線「杉山駅」下車徒歩10分

のようです。
タグ:豊橋
posted by ハマちゃん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

民話「おしいばち」の背景を訪ねて その3

フグの森

民話「おしいばち」に登場する、
植田町にある「フグの森」を、ロマン会のみなさまに案内していただき訪ねました。

「フグの森」は、民話「おしいばち」に登場する
六人の神々が、飢えと寒さに震えながら、やっとたどり着いたといわれる場所だそうです。

行ってみると、鳥居はあるものの
「えっ! ここが神社なの?」というようなところで、
案内してもらわなければ、きっと見つけることができない場所でした。

またまた勉強になりました。
ロマン会のみなさんありがとうございます。
タグ:豊橋
posted by ハマちゃん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

民話「庄屋源吉」の背景を訪ねて

芦原校区市民館で活動されている「ロマン会」のみなさまにご案内していただき、民話「庄屋源吉」の背景を訪ねてきました。

ほんとうにありがとうございました。

庄屋源吉の頌徳碑というのは、豊橋市上野町にある「円通寺(えんつうじ)」にあることは知っていたのですが、お墓が豊橋市芦原町にある「奥谷寺(おうこくじ)」にあることを教えていただきました。

案内していただきながら、「奥谷寺」を訪ねると、芦原町あたりはそのむかし海で、吉原・豊田・尾崎氏が中心となって開拓しいまのようになったのだとか。

灯篭 金比羅大権現.jpg

海であったことの名残が、「金比羅大権現」と記された灯篭にもありました。

庄屋源吉の墓.jpg

そして、「庄屋源吉のお墓」を訪ねます。
古いお墓の前に、少し新しい「義民庄屋源吉之墓」と記された墓石が建てられていました。
古いお墓には、戒名のようなものが書かれているだけで、知った人にしか「庄屋源吉」のお墓とはわからないものです。
これは、直訴という大罪を犯したから、ひっそりと建てられたのではないか・・・ということでした。

奥谷寺の裏手にある、逆鉾(さかほこ)神社を訪ね、この地を中心になって開拓した、吉原・豊田・尾崎ら3氏のお墓を見にいきました。

芦原を開拓した方のお墓.jpg

お墓のある場所は、七曲りという坂を上った先にある芦原が一望できる高台にあり、当時、開拓の進み具合をここで眺めていた場所だといいます。

七曲りという坂には、道祖神も祀られていました。
(草にかくれて、なかなか見つけることができませんでしたが・・・)

七曲りの道祖神.jpg

そして、豊橋市上野町の円通寺境内にある「庄屋源吉頌徳碑」を訪ねました。
この碑は、昭和36年、高師校区民によって建立されたそうです。

庄屋源吉頌徳碑

いまは、義民として祀られる「庄屋源吉」ですが、
当時は、大罪を犯したということで、ひっそりと祀られていたようです。

歴史は、見直されることがあるのだな〜と、背景を訪ね感じました。
タグ:豊橋
posted by ハマちゃん at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

民話「二ノ午大祭の絵馬」の背景を訪ねて

東観音寺.jpg

民話「二ノ午大祭の絵馬」の背景として登場する、豊橋市小松原町にある古刹、東観音寺(とうかんのんじ)を、訪ねました。

東観音寺は、天平5年(724年)に、行基が創建したと伝えられる寺で、本尊は、開運馬頭観音です。

馬頭観音は、畜生道に落ちた人の苦しみを救うための姿を現わした観音さまだとされ、今日では、交通安全の守護仏として、厚く信仰されています。

この寺では、民話に出てくるように、毎年、旧暦の2月の「二の午」の日に、「二の午大祭」が開催されます。
この日、開運馬頭観音をお参りに訪れた人たちは、絵馬札を守護救済のお守りとして持ち帰るそうです。


また、東観音寺には、国指定重要文化財3点(多宝塔、木造阿弥陀如来坐像、金銅馬頭観音御正体)をはじめとする、60点あまりの仏像や絵画、古文書などを収蔵しているようです。

ちなみに、3点の国指定重要文化財は、こちら。

「多宝塔(たほうとう)」

多宝塔は、明治40年5月27日に、国の重要文化財に指定された、豊橋市内唯一の国指定建造物で、大永年間(1520年ごろ)戸田氏の重臣であった藤田左京亮によって寄進されたものといわれています。


「木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)」 

この阿弥陀如来坐像は、平安後期の定朝様(じょうちょうよう)の仏像で、鎌倉時代初期に造られたそうです。
高さ138cmの、檜を用いた寄木造り。漆の上には金箔ほどこされています。


「金銅馬頭観音御正体(こんどうばとうかんのんみしょうたい)」

この金銅馬頭観音御正体は、直径34.3cmの光背円板上に、約27cmの金銅製半肉彫の馬頭観音坐像を浮き出させたもので、懸仏(かけぼとけ)と呼ばれるものです。
馬頭観音は、水陸交通安全の守護神で、当寺の懸仏に彫られた馬頭観音は三面六臂(さんめんろっぴ=一体で三つの顔と六つのひじを備えていること)のものです。


<おまけ>
御衣木−行基が本尊「馬頭観音」を刻んだ残りの木です
御衣木

三十三観音?(どうも34体あるような・・・)
三十三観音?

池では、ハスが咲いていました
東観音寺のハス

【小松原山 東観音寺】
所在地 豊橋市小松原町字坪尻14 
タグ:民話
posted by ハマちゃん at 12:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

民話「石造り観音」の背景を訪ねて

正光寺(しょうこうじ)
民話「石造り観音」の背景として登場する、橋良の正光寺(しょうこうじ)を訪ねました。

正光寺については、
福岡小学校のサイト「言い伝え」のページに、
民話とともに、言い伝えの舞台となった地の地図もありました。

正光寺の三十三観音

民話のとおり、門前には石造りの三十三観音が並び、
その真ん中に、石造り観音が安置されていました。

石造り観音

正光寺(しょうこうじ)は、福岡小学校の前身「橋良(はしら)学校」があった場所だそうです。
明治7年に、「橋良(はしら)学校」ができ、正光寺の朴道和尚もそこの先生になったということです。

福岡小学校のサイトを見ると、
この地域には、民話や言い伝えが数多く残っていることがわかります。

「地域の歴史を子どもたちと考える」って、いいな〜と感じました。
タグ:豊橋
posted by ハマちゃん at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

民話「おしいばち」の背景を訪ねて2

民話「おしいばち」の背景に登場する、
植田町にある車神社(くるまじんじゃ)を、また訪ねました。

前回の訪問で、
「おしいばち」に登場する「ひきご塚」や、
「車神社古墳」の全景を見ることができなかったので、
それを見に行きました。
「車神社古墳」の全景?
「車神社古墳」の全景は、わかったのですが、
「ひきご塚」は、よくわかりませんでした。

これ↓かな??
車神社古墳

車神社古墳の碑
歴史に詳しいに教えたもらわないとダメかな?
posted by ハマちゃん at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

民話「山の背くらべ」の背景を訪ねて

本宮山

民話「山の背くらべ」に登場する「本宮山」へ行ってきました。


本宮山の標高は、民話にも登場したように789m。
砥鹿(とが)神社の本宮(もとみや)が、この山上にあったことから名付けられ、別名、砥鹿山または本茂(もとしげ)山ともよばれています。

これからの季節、ハイキング客も多いようです。


私、「本宮山へ行った」とはいっても・・・

山登りはせず、そのふもとにある天然温泉「本宮の湯」へ直行しました(^^)
本宮の湯

正式名「ふれあい交流館 本宮の湯」は、
神経痛・筋肉痛などの効能があるそうです。

なかでも、「木霊の湯(こだまのゆ)」は湯に浸かりながら空を見上げることができ、リラックスできると人気のお風呂です。
posted by ハマちゃん at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

民話「おしいばち」の背景を訪ねて

車神社
民話「おしいばち」の背景に登場する、
植田町にある車神社(くるまじんじゃ)を訪ねました。

訪ねたといっても、本日は、場所確認程度です(^^ゞ

mikaさんに、コメントで詳しい場所を教えていただき、
ちょうど民話を載せてから、2か月目にして行くことができました。
ほんとうに、ありがとうございます。

車神社の案内板

行ってみると、車神社は「愛知県指定の有形文化財」であること。

車神社古墳という、古墳時代後期の前方後円墳があり、
後円部の上には、神社の本殿が建てられていることなどがわかりました。


今回の訪問では、
「おしいばち」に登場する「ひきご塚」や、
「車神社古墳」の全景を見ることができなかったので、
もう少し下調べをして、もう一度行ってみたいと思っています。
posted by ハマちゃん at 22:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

民話「大西の馬頭観音」の背景を訪ねて

大西の馬頭観音のほこら
民話「大西の馬頭観音」の背景として登場する、
大西の公民館脇の小さな祠(ほこら)を、訪ねました。

馬頭観音さまをお参りすることができませんでしたが、
この建物だと思います。(たぶん?)


「馬頭観音(ばとうかんのん)」とは、
真言宗の六観音(聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝(じゅんでい)観音、如意輪観音)
または、七観音(六観音に、天台宗の不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)を加えたもの)の1つ。

宝冠に馬頭をいただき、忿怒(ふんぬ)の相をした観音菩薩(ぼさつ)。
魔を馬のような勢いで打ち伏せ、慈悲の最も強いことを表すという。
江戸時代には馬の供養と結び付いて信仰されるようになった。

別名 「馬頭観音菩薩」「馬頭観世音菩薩」「馬頭明王」ともよばれます。

重要文化財に指定されている石川県の豊財院の馬頭観音立像が、代表的な作のようです。

地区の人々に大切に祀られている観音さまは、どんなお顔をしているのでしょうか?
posted by ハマちゃん at 17:57| Comment(4) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

民話「お蚕さま」の背景を訪ねて

中郷素戔鳴(なかごうすさのお)神社
「お蚕(かいこ)さま」に登場する「中郷神社」は、
「中郷素戔鳴(なかごうすさのお)神社」といい、
4月 第4土曜には、三河の手筒花火が奉納されています。


「蚕」や、蚕のエサとなる「桑の木」さえも、
「蚕都豊橋(さんととよはし)」と呼ばれた地でも、
今では、あまり見かけなくなりました。

クワといえば、
豊橋の巨木・名木100選に選ばれている“クワの木”が、高師緑地にあります。
高師緑地のクワ

樹齢100年以上というこの木は、ちょうど青い実をつけていました。
クワの実
posted by ハマちゃん at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

民話「片身のスズキ」の背景を訪ねて

吉田城鉄櫓-全景

民話「片身のスズキ」の背景として登場する、豊橋市今橋町にある吉田城。
そして、城の裏を流れる豊川(とよがわ)を、訪ねました。

吉田城鉄櫓、一般公開!

現在、吉田城では、鉄櫓(くろがねやぐら)を一般公開中!


鉄櫓は1954(昭和29)年、
豊橋産業文化大博覧会の目玉として復元されたもので、鉄筋コンクリート造りの三層建て。

吉田城築城500年を機に、
昭和46年に閉鎖して以来、34年ぶりに一般開放されていたのが、
好評につき、継続して公開されることになりました。

櫓とは、もともと城の四方に配置し、
武器を保管し、見張りをした建物で、
櫓の中には、吉田城本丸の再現模型や、
吉田城を紹介するパネルなどが展示されています。


ちなみに開放期間は、
4・5月の日曜日と、
4月1日(土)・8日(土)・29(祝)、
5月3日(祝)〜6日(土)です。

時間は、10:00〜15:00です。
posted by ハマちゃん at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

野依八幡社シダレザクラ 2006

野依八幡社のシダレザクラ2006
豊橋・野依八幡社のしだれ桜を、見てきました。

今年は、もうすでに、八分咲き。
今週末には、たぶん満開の見ごろを迎えるようです。

野依シダレザクラ説明

一般的にシダレザクラは、
山地に育ち、野依八幡社のように平地育つのは珍しいとされています。

野依八幡社は、社伝によれば、
704年豊前国宇佐宮(ぶぜんのくにうさぐう)より、
勧請(かんしょう)し、その後1100年に再建されたと言われています。


野依八幡社のシダレザクラは、
バラ科・サクラ属の正式名イトザクラという種類で、
樹齢は300年以上と推測され、
1999年に豊橋市の天然記念物に指定されている樹です。

関連:民話「野依八幡社と経本」
posted by ハマちゃん at 21:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

「野依八幡社と経本」の背景を訪ねて

野依八幡社のしだれ桜
民話「野依八幡社と経本」の背景として登場する、
豊橋市野依町の野依八幡社には、
1999年に豊橋市の天然記念物に指定されている『しだれ桜』があります。

地域のシンボルでもあるこのしだれ桜は、
山地ではなく平地にある珍しいもので樹齢は300年以上。

春先にみごとな桜の花を咲かせます。
一度、訪ねてみてはいかがですか?
posted by ハマちゃん at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。