2006年12月15日

民話「大根流し」の背景を訪ねて

大根流し

12月10日、豊橋市杉山町の真田神社で、「大根流し」があると聞き、行ってきました。


この「大根流し」は、民話「大根流し」にもあるように、江戸時代末期に吉田(現在の豊橋市)在住の幸助という男の夢の中で真田幸村公が現れ、そのお告げの通り、真田幸村公宛に川に大根を流すとゼンソクが全治したという伝説が始まり。


かつては、伝説のとおり神社近くの川にホンモノの大根を流していたが、いまでは、河川環境に配慮して、杉板に大根の絵を印刷した「お札」を浮かべるように変わり、また、開催日も従来は12日だったが、第2日曜日に変更したそうです。

真田神社ののぼり

この日、神社の付近では、案内ののぼりが立っていました。


午後2時すぎ、この「大根流し」にはじめて行ってみると、
神社の入り口で、大根の絵を印刷した「お札」を1枚200円でわけていただき、名前と生年月日を書き入れ、まずはお参り。

お参りの後、竹で堰きとめられた、水路にお札を浮かべました。

大根の絵を印刷した「お札」

はじめて、参拝しましたが・・・
時代とともに、おまつりのスタイルは変わるのだろうけれど、水路に浮かべる大根の絵の「お札」には、ちょっと違和感を覚えました。


“豊橋のことなら、この1冊で!”という『豊橋百科事典』によると、
幸助が見つけたのは、新平川(しんぺいがわ)という川だったと載っていました!


【真田神社の大根流し】
日時:毎年第2日曜 7:00〜16:30
開催場所:真田神社
交通:豊橋鉄道渥美線「杉山駅」下車徒歩10分

のようです。
ラベル:豊橋
posted by ハマちゃん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。