2006年08月20日

民話「石造り観音」の背景を訪ねて

正光寺(しょうこうじ)
民話「石造り観音」の背景として登場する、橋良の正光寺(しょうこうじ)を訪ねました。

正光寺については、
福岡小学校のサイト「言い伝え」のページに、
民話とともに、言い伝えの舞台となった地の地図もありました。

正光寺の三十三観音

民話のとおり、門前には石造りの三十三観音が並び、
その真ん中に、石造り観音が安置されていました。

石造り観音

正光寺(しょうこうじ)は、福岡小学校の前身「橋良(はしら)学校」があった場所だそうです。
明治7年に、「橋良(はしら)学校」ができ、正光寺の朴道和尚もそこの先生になったということです。

福岡小学校のサイトを見ると、
この地域には、民話や言い伝えが数多く残っていることがわかります。

「地域の歴史を子どもたちと考える」って、いいな〜と感じました。
ラベル:豊橋
posted by ハマちゃん at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。