2006年06月26日

でえたらぼうの股ずれ峠

 昔むかし、神代の時代のことだった。多米村の人たちから「でえだらぼう」とよばれる、雲を突くような大男がおった。

 そいつは、野に出てきては作物を荒らしたり、みんながいやがるような悪さばかりするので、村中の嫌われ者だった。
「でえたらぼうのやつめ、あの大きな図体と、怪力を、もっと世の中のため、人のために役立つことをしてくれたらみんな喜ぶのになあ」
「そうだなあ、悪さばかりしてないで、わしら百姓が喜ぶようなことをしてくれたら嬉しいのになあ」

 村人たちの願いも知らず、でえたらぼうはいたずら、悪さをくりかえしていた。

 あるとき、でえたらぼうは、何を思ったか、
「そうだ、駿河国(するがのくに)にある富士の山を日本一の高い山にしてやるか」
と、近江国(おうみのくに)は滋賀の琵琶湖の土をかきあげると、大きなモッコに入れ、「ウントコドッコイショ」と、天秤棒で担い、滋賀から駿河へと土を運んだ。その途中、三河国(みかわのくに)多米村の東はずれの峠をひとまたぎして、遠州湖西の知波田村へ向かおうとしたとき、ザザッと大きな音をたてて峠の山づらに、自分の股をすりつけてしまった。すると、峠の山が、ドドドドドッと、ものすごい音をたてて崩れ落ち、山のてっぺんが大きく窪んでしまった。

 その時、田植えをしていた多米村の人たちは、そりゃあ地震でも起きたかとびっくりして山の方を見あげたら、でえだらぼうが、大きなモッコをかつぎ、峠の山をひとまたぎに知波田村の方へと消えていくのが見えた。
「ありゃ何じゃ、でえだらぼうのやつ、何する気じゃ」
「でっかいモッコをかついで、どこに行く気じゃ。悪いことをせんでおくれ」

 村人たちが心配していた頃、でえだらぼうはニコニコ顔で、琵琶湖の土を富士山に積み上げていた。
「これでよし。わしが駿河国に、日本一の富士の山を作ってやったぞ」
と、大声で叫んだ。

 でえだらぼうが、峠越えをしたあたりの山頂は、でえだらぼうの股ずれによって大きく窪んでしまったが、三河から遠州へ、遠州から三河へと国ざかいを往来する人たちは、往来が楽になったと大喜び。村人たちは、いつしか、この峠を「股ずれ峠」と呼ぶようになった。

 でえだらぼう、だいだらぼう、だいだらぼっちなどと呼ばれる巨人伝説は日本全国あちこちにあるが、ここ豊橋にもたくさんの「だいだらぼっち伝説」が語りつがれ残されている。

豊橋・多米校区の民話
posted by ハマちゃん at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊橋の民話集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

いわゆるダイダラボッチに由来する話はよく聞きますが、「股ずれ峠」は初めて聞きました。

多米から知波田に抜ける道かあ。やっぱり多米峠のことでしょうかね?そういえば多米側じゃなく、湖西側には、山の表面がくずれて巨大な岩が露出したところが散見されます。昔の人は、コレを見てそう思ったんでしょうね。
Posted by ひとぴん@エクステリア明日香 at 2006年06月27日 11:49
ひとぴん@エクステリア明日香さま
ありがとうございます。

昔の人たちは、いろんなことを想像しますね。

星を見て、星座とか・・・

「オリオン座」など見ても、
オリオンには、なかなか想像できませんものね(^^)
Posted by ハマちゃん at 2006年06月28日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19893176

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。