2006年03月29日

千体骨地蔵(せんたいこつじぞう)

 今から、およそ八百二十年前のこと、平家の武将原田太夫種直(はらだだゆうたねなお)は芦屋浦(あしやうら・福岡県)の合戦で、源氏に敗れて捕らえられ、鎌倉の土牢に入れられた。

 種直は戦に出るとき、妻の栄耀(えいよう)に、
「お腹の子は花若丸と名付けよ」と告げていった。

 花若丸は成長するに従って、父を想う気持ちが強まっていった。十三歳になった時、家臣の子、十七歳の藤王丸と共に母に連れられ芦屋浦に行った。

 美しい芦屋浦の波打ち際で戯れていたが、波のいたずらか砂が形を作り、それが人の顔のようにも、人形のようにも見えるのに驚いた。
 
 ここは、かつて父や兄が戦った芦屋の合戦場の砂浜であり、砂の中には、この地で、討ち死にしたと思われる源平の武将たちの遺骨だろうか、たくさんの骨があった。砂の中から拾い上げた骨をこわさないように積み上げていると、母が言っていた
「お地蔵さまは、一心に祈れば願いごとをかなえて下さるのですよ」
という言葉を思い出した。
「そうだ、この骨を集め、すりつぶして練り上げ、千体のお地蔵を作ろう」
と決心した花若丸は、戦場に消えた源平両方の武将たちの霊を慰め、お経を唱えながら、大きさ十センチほどのお地蔵さまを一体、一体、心をこめて作り上げた。

 完成した千体のお地蔵さまを丁寧に厨子に納めると、藤王丸が背負い、母に見送られて鎌倉へ向かって旅立った。
 
 お地蔵さまを作り始めた時から花若丸は、父の捕らわれている鎌倉へ行き、自分が代わりに牢に入り、父を許してもらうよう願い出たいと思っていた。厨子を背負い、念仏を唱えながら、鎌倉の町を歩く二人の若者の姿は、人々の噂となり、やがて源氏の大将、源頼朝(みなもとのよりとも)の耳にも入った。

 頼朝の命により、花若丸は目通りが許され、御前に厨子を差し出した。藤王丸の手で厨子の扉が開かれると、その瞬間、千体地蔵尊から後光がさした。どの地蔵尊の顔も、戦で失われた人を痛む悲しみと、深い慈愛の表情があった。

 花若丸は、千体地蔵尊に込めた思いを頼朝に話した。頼朝は、花若丸の親を思う気持ちに心を打たれ、種直を許した。そして種直たちは、三州足助(さんしゅうあすけ)に移り住んだ。

 種直と一行が足助に向かう途中、立ち寄った花ケ崎(現在の南松山町)は、芦屋浦を偲ばせる景色の美しさであった。後に母、栄耀は、この地に正林寺(しょうりんじ)を建立し、千体骨地蔵尊を安置した。

 現在、正林寺の地蔵堂には、厨子に納められた千体地蔵尊が祀られている。

豊橋・松山校区の民話
posted by ハマちゃん at 09:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊橋の民話集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

野依八幡社シダレザクラ 2006

野依八幡社のシダレザクラ2006
豊橋・野依八幡社のしだれ桜を、見てきました。

今年は、もうすでに、八分咲き。
今週末には、たぶん満開の見ごろを迎えるようです。

野依シダレザクラ説明

一般的にシダレザクラは、
山地に育ち、野依八幡社のように平地育つのは珍しいとされています。

野依八幡社は、社伝によれば、
704年豊前国宇佐宮(ぶぜんのくにうさぐう)より、
勧請(かんしょう)し、その後1100年に再建されたと言われています。


野依八幡社のシダレザクラは、
バラ科・サクラ属の正式名イトザクラという種類で、
樹齢は300年以上と推測され、
1999年に豊橋市の天然記念物に指定されている樹です。

関連:民話「野依八幡社と経本」
posted by ハマちゃん at 21:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知恵地蔵(ちえじぞう)

 昔、前芝村に働き者のばあちゃんがいた。ばあちゃんは若い頃からよく働き、そりゃあみんなが感心していた。

 ある日のこと、ばあちゃんが仕事に出かける途中で小石につまづき転んだので、家にもどり休んでいたが、だんだん痛みがひどくなり、とうとう歩けなくなってしまった。じいちゃんも、子どもたちも心配して、薬草を煎じて飲ませたり、背負って医者につれていったが一向によくならなかった。ばあちゃんは、
「ほんにつらいこと。これじやぁ畑仕事もできやぁせん。わしゃあなんの役にもたたんもんになっちゃったやぁ。ほんに情けない、情けない」と、嘆き悲しんでいた。

 ところが、ある晩のこと、ばあちゃんは不思議な夢をみた。
「深い霧の中から、仏さまが現れてな、わしの目をじっと見て、『知恵地蔵にお参りせよ。そうすればお前は必ず歩けるようになるぞ』とお告げがあったんじゃ。みんなが毎日働いとるのに、わしだけが寝とっちゃすまんでな、わしゃあ藁にもすがりたい思いだて。じいちゃん、すまんが明日、わしを蛤珠寺(こうじゅじ)の知恵地蔵さんところへつれていっておくれんさい」

 次の日、じいちゃんは大八車にばあちゃんを乗せて蛤珠寺につれていった。そこで、ばあちゃんは知恵地蔵さまに手を合わせ、何度も何度も一生懸命お参りをした。

 その次の日の朝、なんだか足が軽くなったような気がしたので、思い切って立ってみると、なんと立ちあがることができた。
「あ、ばあちゃんが立っとるぞ」

 そりゃあ信じられんようなことが本当に起きた。いままで寝たきりだったばあちゃんが、ゆっくり歩きはじめると、みんなは、またびっくりした。なにより、ばあちゃんの喜びようはたいへんなものだった。
「こりゃあ知恵地蔵さんのおかげにちがいない」

 これを聞いた近所の人は、どこかが痛かったり、具合がわるくなると蛤珠寺の知恵地蔵さんにお参りするようになった。噂はどんどん広まり、遠くの方からも蛤珠寺を訪れるようになった。

 いまでは、地蔵さまの名前のとおり、体の具合の悪い人のほかに知恵を授けてもらおうと入学試験や就職試験の合格祈願にくる人たちでにぎわっている。

[注] 知恵地蔵 前芝町蛤珠寺

豊橋・前芝校区の民話
posted by ハマちゃん at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊橋の民話集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

「野依八幡社と経本」の背景を訪ねて

野依八幡社のしだれ桜
民話「野依八幡社と経本」の背景として登場する、
豊橋市野依町の野依八幡社には、
1999年に豊橋市の天然記念物に指定されている『しだれ桜』があります。

地域のシンボルでもあるこのしだれ桜は、
山地ではなく平地にある珍しいもので樹齢は300年以上。

春先にみごとな桜の花を咲かせます。
一度、訪ねてみてはいかがですか?
posted by ハマちゃん at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 豊橋の民話-場所・背景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野依八幡社と経本

 ある年のこと、いく日もいく日も大雨が降り続き、とうとう梅田川の堤防を乗り越えて、野依村まで大水が押し寄せて来た。野依八幡社(のよりはちまんしゃ)も、あれよあれよという間に濁流の渦に巻きこまれてしまった。
「八幡社の御神体は流されやせんか、見て来たいのん」
「豊前国(ぶぜんのくに)から分けてもらった神さまだもん、ほっとけんぞん」
氏子たちは、居ても立ってもおられなかった。
「お経本の置いてある蔵の中まで水が入ってきたずらか。そのまんま残っとるとありがたいけれどのん」

 僧侶も心配になり、隣のお寺と連絡を取り合った。水が引きはじめると氏子や僧侶たちは、八幡社へ飛んでいった。ごみや流木をかきわけて蔵にたどりついた時、被害のひどさに驚いた。
「経本が見当たらん。こんなにひどい洪水ははじめてだぞん」
みんなで捜したが経本は見つからなかった。
「昔の洪水じゃあ、寺の桶が芦原新田に流れついたと聞いたぞん」と言う人もいた。

 大洪水の後始末を終えかけたある日、伊勢皇太神宮(いせこうたいじんぐう)の宮司から、
「伊勢の浜辺に打ち寄せられた経本を調べたら、三河国(みかわのくに)野依八幡社蔵所有とわかりました。お困りでしょう。すぐにお届けします」という知らせが入った。伊勢の浜辺の人がこれを見つけ、伊勢神宮に届けてくれたお陰だった。こうして経本は無事に八幡社に戻ってきた。
「経本といい、わしら村の衆といい、昔から伊勢とはご縁が深いぞん。ありがたいことだのう」
村人は、心のそこから手を合わせた。

 その後、「般若経六百巻(教本)が全巻そろっていれば国宝本といわれる」という話が、村人に知られるようになった。経本にくわしい人が、
「中国の本だげなよ。仏教のもとになる教えがつまっておるぞん」
「比叡山栄山寺(ひえいざんえいざんじ)のお坊さんによって伝えられたと聞いとるがのん」
と口々に言った。その話を聞いた村人は、「おらが八幡社はなかなかのもんだ」と思うようになった。しかし、経本は古くなり、使えるものは一冊もなかった。そこで、村人が寄りあって相談し、般若経六百巻を揃えた。

 今では、嵩山寺(すざんじ)と東雲寺(とううんじ)で保管され、毎年、両方のお寺で交互に転読されている。

[注]野依八幡社の御神体 今から約千三百年前に、豊前国(大分県)の宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)からわけていただいた御神体を祀っている。

豊橋・野依校区の民話
posted by ハマちゃん at 14:52| Comment(4) | TrackBack(1) | 豊橋の民話集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

「片身のスズキ」参考文献

片身のスズキ
【参考文献】
「豊橋市史」「渥美郡史」「八名郡史」「老津村史」「牟呂史」「高豊史」「郷土誌下地」
「郷土誌老津」「ふるさと豊橋」「豊橋の民話集」「豊橋の史跡と文化財」「東三河の郷土雑話」
「三河国吉田名蹤綜録」「東三河の伝説物語」「郷土教育資料」「拓けゆく東三河」「湊町町史」

「郷土誌嵩山」「郷土誌たかね」「下条の昔話」「愛知のむかし話」「むかし話散歩」
「豊橋のむかしばなし」「西郷のむかし話」「お地蔵さん見つけた」「古里点描」「野依郷土誌」
「三河の民話」「絹の道」「ふるさと前芝」「子供のための方言民話」「豊川の民話」

「みてわかる高師風土記」「八町子ども風土記」「郷土しんかわ風土記」「郷土のしおり牛川」
「東部校区風土記」「とよおか誌」「岩西地誌」「東陽校区のむかし話を訪ねて」「ふるさと人大清水」
「福岡むかしと今」「とよはしの民話」「民話集ふるさとの心2」「白雲山神宮寺誌」

「忠興のあゆみ八幡神社」「田尻誌」「牛河」「正林寺千体地蔵尊縁起」「奥三河の花祭り」
「御幸神社の花祭り概要・次第」「宮裏地蔵和讃」「あずまだ」「あしはら」「ふたがわ」「ふたなん」
「わたしたちの多米」「ふるさといそべ」「ふるさとみゆき」「わらべぐさ」「むろ」
posted by ハマちゃん at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ご協力いただいた方々・参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「片身のスズキ」に、ご協力いただいた方々

片身のスズキ
【監修・表紙】
山口 孝雄

【執筆】
伊藤 敦子 小柳津 糺 黒川 しず代 篠田 武子 地宗 一郎
永嶋 むつみ 中畑 良子 秦 正子 三宅 恒子 森田 泰子
吉田 和代

【さし絵】
加藤 恵子 古山 保夫 神藤 佳代子 鈴木 済 高畑 郁子
野田 ひさ子 兵藤 寛司 松橋 宮旦 丸地 建郎 雪山 忠宏
山口 孝雄 米津 一八 若見 年志

【ご協力いただいた方々】
糸柳 弘 市原 啓司 海野 久榮(新城市) 大羽 康了
大林 美也 加藤 彦七 金田 喜兵衛(設楽町) 久曽神 一男
染川 一美 志満津 啓司 高谷弥五郎 豊田 俊充 田中 匡典
中澤 淳人 中島 三郎 永井 俊子 三浦 守治 水口 源彦
向山 はまよ 山本 瑳一

(氏名・あいうえお順、敬称省略)
posted by ハマちゃん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ご協力いただいた方々・参考文献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

『豊橋の民話 語り』

とよはしの民話語り
郷土豊橋に残る民話を後世に残そうと、
「豊橋の民話を語りつぐ会」が発刊した、豊橋の民話「片身のスズキ」。

その出版記念イベント『とよはしの民話 語り』がありました。


年々民話の生き残りが難しくなる中、
地域に伝わる大切な話だから、とだえないように伝えていきたい。

そんな想いから、有志が「豊橋の民話を語りつぐ会」をつくり、
豊橋市内53校区の話をまとめたのがこの本です。

各校区の話を集めてまとめる作業は、とてもたいへん。

監修をされた、山口孝雄さんは、
語りつぐ会の方々が、丹念に1つ1つ調べ上げた民話です。
この本を1人でも多くの人に、読んでいただきたい。
そして、ふるさとのよいところを、発見してほしい。
と、手紙を寄せてくださいました。
posted by ハマちゃん at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 豊橋の民話-イベントなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。